プチプラス >> 特集-ヒョングの韓Good
   
 


VOL.1 *ハングッとは韓国語で“韓国”のことで〜す。

アンニョンハセヨー!韓国から私、キム・ヒョングが、皆さんからの韓国のこんなこと教えて〜とか、おいしいお店、教えて〜とか、韓国のあのタレントのこと教えて〜とか、韓国のかっこいい男、紹介して〜 !!  ...最後のは却下...(かっこいいのはいっぱい知ってるけど...)。というようないろいろな韓国の情報をお送りしたいとおもいます。ってその前にあなたはいったい誰?という人のために私目の紹介をいたしますと〜。えっ?そんなのいいから韓国の情報を早く教えろって?確かにそのとうり!ってわけにもいかないので無理やり自己紹〜介〜!

僕の名前はキム・ヒョング(金求)といいます。気軽にヒョンちゃんとかヒョンくんて呼んでください。ヒョンさまなんて呼ばないでくださいね ~ 。呼ばないって ?  失礼しました。僕は在日韓国人3世なんですねぇ。戦争のときにうちの祖父や祖母が日本に来たんです。そしてぼくがその孫というわけ。僕の祖父は韓国の安東(アンドン)出身の金さんなんです。韓国ではその一族の出身地によって例えば○○の金氏とか○○の李氏っていう呼び方をするんです。だから僕の一族は安東の金氏なんです。安東といえば僕の大好きな高倉健さん主演の映画「ホタル」にも登場しますし安東焼酎が有名で安東の金氏というと韓国では朝鮮時代の貴族として知られているんです。えっへん!

ぼくが韓国を訪れたのはのは2002年の2月に3泊4日のツアーで来たのが最初。その時は韓国の辛い食べ物に僕の胃が耐え切れずすさまじい腹痛におそわれ、それとともに気温も−8度という今まで生きてきた中でもっとも過酷な状況に二度と韓国なんかにくるもんかー ! と泣きながら日本に帰たっんですが、まさかその数ヶ月後に韓国で暮らすことになるとは思いもしませでした。

 

 
   
     「新入社員」というドラマのワンシーンです。
   只今、日本でも放送中!(フジテレビ 毎週木曜26:10〜) 詳しくはこちら
 
 

その当時、ぼくは日本で役者というか俳優をしていたんです。もちろん売れない役者だったんですが・・・な〜んかうまくいかない現実のなかでもんもんとしているときに「韓国に行って俳優すれば ? 」という知人の一言でぼくは韓国行きを決めました。幸いぼくは小、中、高校と朝鮮学校に通いそこでハングル語を学んだので日常会話くらいは問題無くしゃべれるだけの語学力はあったんです。後の話ですが『知り合いも一人もいない状況でよく一人で韓国まで来たなぁ』と韓国の人たちに驚かれたりもしました。根が単純なせいか思い立ったら後先考えず行動して後になって後悔するタイプなんです。まあ、お茶目ってことで自分の中では処理してるんすけど...

まあそんなことはさておき、ぼくは2002年11月に韓国で俳優になるために韓国にやって来ました。そう、皆さんも、もうお分かりでしょうが、僕は今韓国で俳優をしています。といっても俳優の仕事をするにはまだ韓国語のイントネーションや発音が完璧ではないので韓国人の役は回ってこずもっぱら日本人役でドラマなんかに出演しているんです。

>>つづきを読む

 

   

男のつぶやき 女の体 生活とお金 エンターテイメント グルメ 子育て・育児 ビューティー・コスメ ファッション 韓流特集
Copyright CatBrain All Right Reserved.
運営事務局お問合せ